NONNOKA スタッフブログ

2011年12月3日

保湿の盲点 正しい保湿ケアをマスターして今年の冬の乾燥対策を!

Notes: すべての情報 — のんのか

正しい保湿ケアをマスターするにはこれまで常識と思っていた     
保湿ケアの盲点に気付くことが大切です。     
ここではいくつかの例をご紹介してす。     
     
①乳液でふたには落とし穴があった!     
     
いくら油分を塗っておいても。セラミドや水分保持力のある成分が少なければ     
やはり肌は乾燥します。     
なぜなら、水分保持力のない油分を塗っても、その隙間を塗って水分が蒸発してしまうから。     
     
乳液は、水分約50%~20%トと約10%~20%との油分とで構成されています。     
そもそも水分の方が多いため、水分の蒸発を防ぐには物足りません。     
けれど、セラミドや水分をキープできる保湿成分の入った乳液なら、話は別です。     
それは乳液でふたをするという働きではなく、セラミドに水分をキープするという     
働きがあるから。     
いずれにせよ、水分をつかんで離さないという事がもっとも重要なんです。     
     
     
②オイリー肌や大人ニキビ肌にも保湿は欠かせない。     
     
オイリー肌や大人ニキビ肌の人は、「べたつくのがいや」「油分は必要ない」と思って     
化粧水だけですませてしまうことが多いようです。     
保湿をおぎなりにすれば水分まで不足してしまいます。     
水分不足の肌は逆にテカリが目立つうえ角質のバリヤ機能が低下して、大人ニキビも     
よりできやすくなるのです。     
     
     
③化粧水だけではバリヤ機能が働いてうるおわない     
     
化粧水の構成成分は、ほとんどが水です。     
しかし、そのバリヤ機能が働いている為、浸透するにしても、角質の2~3層程度。     
これだけではすぐに水分が蒸発してしまってキープできません。     
シートマスクなどで「浸透」させようとする人もいますが、それだけでは保湿としての     
役割を果たしたとは言えません。     
     
     
これが正解だと疑わなかった日々のスキンケアも意外と知らないこともあります。     
それにコスメは日々新しい研究がされ新しいものが生まれています。     
昔に得た知識が正しいかというと一概にそうとはいいきれないんです。     
お肌のことを考えるのであればまずは正しい知識を身につけ新しいことに挑戦することも大切だと思います。     
     
     
口コミで話題!!     
     
乾燥させない肌を作る  のんのかの まるごと椿石鹸     
  

日本で唯一 椿農園が栽培から抽出、石鹸の製造まで一貫して作った自家製椿石鹸
         
長崎県五島の豊かな自然の中で育った椿油の保湿力と殺菌力を試してみませんか?
         
☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆
         
一度使うと石鹸の質の違いを実感!!全国のコスメマニア大絶賛!!!
         
☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆
今なら 先着300名様 2個セット送料無料  ¥7,000 → ¥6,300
         
オリジナルソープデッシュ & もこもこ泡立てネットプレゼント
         
         
商品の詳しい説明をご覧になりたい方は  
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
         
http://www.nonnoka.com/