NONNOKA スタッフブログ

2011年12月10日

内側からキレイになる。美肌を作る食事の基本

Notes: すべての情報 — のんのか

バランスよく栄養素をとることが基本    
    
美肌のための食事というと、ビタミンを意識したサラダなどの    
野菜中心の食事を連想されがちです。    
いろいろな栄養素をバランスよくちゃんととり、それが体の    
中で充足してはじめて、その効果が現れるものなのです。    
    
肌によいとされる栄養素はいろいろありますが、ビタミンなど    
特定の栄養素ばかりたくさんとったところで、素肌になれると    
いうものでもないのです。    
    
さらに、最近ではダイエットのためといって、肉や魚などのたんぱく質を避ける    
女性もいます。ところが、このたんぱく質こそが体や肌をつくっている大素    
ですから、たんぱく質をとらないでいると、肌が不調になるだけでなく、    
疲れがでたり、体力が衰えたり、睡眠が浅くなったり、朝起きづらくなったりと    
さまざまな弊害をもたらしてしまいます。    
こんな状態でビタミンばかりとっても効果はでないのです。    
    
ですから、美肌食の基本は、たんぱく質もビタミン類もバランスよくとること    
そして、普段の食生活で足りなくなりそうな栄養素を、先取してとる習慣をつけて    
おくことが大前提なのです。    
    
    
やみくもに野菜を食べていても効果なし!    
    
野菜の中でもとくに美肌のために意識してとりたいのはβカロチンを含む    
緑黄色野菜です。    
    
なぜならβカロチンは、抗酸化作用が高く、体の中でビタミンAとして働き    
皮膚や粘膜を強くして、肌荒れや老化を予防する効果があるからです。    
これはホウレンソウやにんじんなどに多く含まれています。    
その方が、ジャガイモやカリフラワーなどに多く含まれるビタミンCも    
美肌にとってとても有効な栄養素です。    
    
でも、若い女性の多くは、ランチの添え物としてあるサラダや野菜ジュースをとって    
たくさん野菜を摂取していると誤解しています。    
しかしサラダに入っていりレタスやきゅうりはビタミンの含有量が少ないですし    
そもそも生野菜は体を冷やしてしまいます。    
体が冷えると、血行不良になり、肌に栄養が行きとどかなくなるおそれがありますので    
生野菜の取りすぎは注意が必要です。    
    
主な野菜のビタミン含有量    
    
 ビタミンA(レチノール当量) ビタミンC  
     (単位ugRE) (単位mg)  
レタス 20 5  
きゅうり 28 14  
トマト 45 15  
ほうれんそう 350 35  
にんじん 760 4  
ブロッコリー 67 120  
にら 290 19  
チンゲン菜 170 24  
赤パプリカ 88 170  
大根 0 12  
カリフラワー 2 81  
    
    
    
    
    
口コミで話題!!    
    
乾燥させない肌を作る  のんのかの まるごと椿石鹸 

   
    
    
    
    
    
    
日本で唯一 椿農園が栽培から抽出、石鹸の製造まで一貫して作った自家製椿石鹸    
    
長崎県五島の豊かな自然の中で育った椿油の保湿力と殺菌力を試してみませんか?    
    
☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆
    
一度使うと石鹸の質の違いを実感!!全国のコスメマニア大絶賛!!!    
    
☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆
今なら 先着300名様 2個セットで送料無料  ¥7,000 → ¥6,300    
    
オリジナルソープデッシュ & もこもこ泡立てネットプレゼント    
    
    
商品の詳しい説明をご覧になりたい方は    
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓    
    
http://www.nonnoka.com/