NONNOKA スタッフブログ

2011年12月11日

内臓からきれいに!美容にいい飲み物の知識

Notes: すべての情報 — のんのか

水を一日2ℓ飲むのは肌にいいはうそ

ペットボトルの飲料が登場し、手軽に持ち歩けるようになったからか
冷たい飲み物を通年飲む女性が増えてきています。
その代表的なものがミネラルウォーター
「水を一日2ℓ飲むといい」という俗説があるのも一因かもしれません。
でもだれでも一律に2ℓ飲めばいいというのもおかしな話ですよね。

それは、汗の量や運動量などから、必要な水分の量は人によって異なるからです。
水分はのどが渇いたら飲む程度で十分なのです。

ところが、現代人は水分をとりすぎる傾向にあります。
のどが渇いてもいないのに、なかば義務感で飲んでいる人が多いようです。
水を飲みすぎると、胃腸が冷えたり、むくみを招いたりします。
むくむと肌の代謝も悪くなり、美容に悪いので注意してください。

カフェインは美肌の大敵!!

コーヒーや紅茶、日本茶などに多く含まれるカフェイン。
カフェインは神経を興奮させ、、また血管収縮作用もありますので、とりすぎには体にも肌にも悪いのです。
日本人の多くはカフェインの摂取に無頓着なようですが、カフェインを含むものは一日2杯にとどめるようにしましょう。
また、寝る前にカフェインをとると、睡眠にも影響が出るので、これだけは避けるようにしましょう。
カフェインは栄養ドリンクにも入っていることが多いので気を付けましょう。

季節を問わず温かい飲み物がベスト

冷たい飲み物は体を冷やし代謝を悪くさせます。普段からなるべく温かい飲み物を飲む習慣をつけておくと
美肌にもつながっていきます。
美肌のためには、カフェインを含まない温かいハーブティーがいちばんおすすめです。
朝は気分がスッキリするミント、日中はビタミンCをたっぷり含んだローズヒップや免疫力を高めるエキナセア
などのハーブティーを選ぶといいでしょう。

また、お風呂上りなど、ほてった体を鎮めたいときでもなるべく常温のものを飲みましょう。
冷たいものをがぶ飲みするのはさけて。
夜は眠気を誘ってくれるカモミールティーがおすすめ。

しょうがパワーをで冷え知らず!

体を温める食材として知られるしょうが。
じつは漢方薬にもよく使われるほど、多彩な効果を発揮する食材です。
漢方では、しょうがは体を温めて発汗させ、胃腸を整えて吐き気をとめるとされています。
料理にしょうがをなるべく使ったり、紅茶やハーブティーに搾り汁を入れて飲むのもいいでしょう。
冷えが気になる時や胃がむかむかするとき、風邪のひきはじめなどには特におすすめです。

口コミで話題!!

乾燥させない肌を作る  のんのかの まるごと椿石鹸

日本で唯一 椿農園が栽培から抽出、石鹸の製造まで一貫して作った自家製椿石鹸

長崎県五島の豊かな自然の中で育った椿油の保湿力と殺菌力を試してみませんか?

☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆

一度使うと石鹸の質の違いを実感!!全国のコスメマニア大絶賛!!!

☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆ ☆*。。・☆
今なら 先着300名様 2個セットで送料無料  ¥7,000 → ¥6,300

オリジナルソープデッシュ & もこもこ泡立てネットプレゼント

商品の詳しい説明をご覧になりたい方は
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.nonnoka.com/